【援助と犯罪】援助で逮捕されるケースとは?

【援助と犯罪】援助で逮捕されるケースとは?|援助Navi

 

援助と犯罪について解説しています。援助をする上で一番心配になるのが「そもそも援助って犯罪じゃないの?」という事でしょう。確かに援助をした男性が逮捕されたという報道を見かけますが、援助交際は全てが犯罪行為なのでしょうか?それとも合法なのでしょうか?

そもそも援助は犯罪?それとも合法?

援助は全てが犯罪ではない

援助交際と聞くとその全てが犯罪のように認識されていますが、それは間違った認識です。例えば18歳以下の女性に対しと援助をした場合は違法行為として逮捕されます。しかし相手が18歳以上であれば問題はありません。

 

相手が18歳以上であれば咎める法律がない

現在日本の法律では18歳以上の売春行為は咎める法律が無いのが現状で、黒か白かの線引きはなくグレーゾーンの扱いになります。

でも援助で逮捕されている人がいるけど?

報道では援助により逮捕されている男性が取り上げられるケースは多く存在します。しかし、その逮捕理由は援助とは別件で逮捕されている場合が殆どです。特に「組織ぐるみ」「売春幇助」「未成年売春」などで別件逮捕されている場合多いと言えるでしょう。

 

下記では、援助で逮捕されるケースを解説していきましょう。

逮捕されるケース@:児童買春

これは何を言っても一発アウトで逮捕されるケース。援助が犯罪になるのか否かの線引きで一番のポイントと言えるのが「相手が児童であること」です。

 

児童は社会的保護の対象

児童は社会的保護の対象とされており、この児童に対する性行為では、必ず「児童が被害者」とみなされます。その為、どんな理由があろうとも、成人男性であれば援助した側が逮捕されてしまいます。

 

児童が必ず被害者となる

例えば、18歳未満の児童が悪だくみを行い、相手の男性をハメようとした場合も、必ず成人男性の方が罪が重くなると思えておくと良いでしょう。

逮捕されるケースA:組織ぐるみ

例えば援助交際のシステムを使って無許可で風俗店を経営すると「組織ぐるみ」とみなされ逮捕される事があります。違法風俗店の店長が逮捕されるのはこのケースが殆どです。

 

個人同士であれば問題はない

ここでのポイントは個人同士なら「咎める法律がありません」ので合法という解釈になります。

逮捕されるケースB:売春幇助

売春幇助とは、相手女性に対し男性の斡旋を行った場合に適応される法律です。その為、援助交際相手に対して「今度友達紹介してよ」なども犯罪とみなされる可能性がある訳です。

 

自分の意思で援助をしている事が前提

この場合のポイントは、女性が自分の意思だけで援助を求めている事が重要です。「彼氏や旦那に脅されて」なんて場合は、直接関係なくても何かしらの罪に問われる事があるかもしれません。

18歳以上であれば咎める法律がない!

下記ではもう一度「援助が犯罪となるポイント」をおさらいしておきましょう。相手が18歳以上であれば、金銭のやり取りを目的とした援助は咎める法律がないのが実情でです。仮にこれが犯罪行為であるならで「愛人」なども全て犯罪行為になってしまいます。

 

  • 18歳未満との援助
  • 組織ぐるみの売春行為
  • 売春の幇助

上記のキーワードが入らない援助については全て合法ですので、これから女性と援助をしてみたいという人は上記に気を付けながら行ってみましょう。

これから援助をしてみたい方へ

【援助と犯罪】援助で逮捕されるケースとは?|援助Navi

援助を行うなら出会い系がベスト

いま安心・安全に援助を行うなら出会い系サイトがベストです。正直いって「SNS」や「無料掲示板」などはリスクやトラブルが多く安全とは言えません。その点、出会い系では「セキュリティ問題」「金額相場」「相手の探しやすさ」「交渉のしやすさ」など全ての面でSNSや無料掲示板に勝っています。

出会い系の紹介はサイトスペースの関係で「特設サイト」を設置してあります。