【JD援助】女子大生と援助するには?

 

援助をしている女性の中で非常に多いのが女子大生(JD)。女子大生は、未成年でありながら合法的にセックスが出来る魅惑の存在。そんな女子大生と援助を行うにはどうすれば良いのか?なぜ女子大生は援助をするのか?など様々な情報を解説しています。

女子大生(JD)が援助をする理由

 

女子大生(JD)はお金に困っている

女子大生は学生ながら出費が多いのが特徴。高校生の時は制服という便利なものがありましたが、大学生になると私服での通学となります。さらに毎日同じ服を着るわけにいかず、洋服代が掛かってしまいます。またお付き合いの交際費や遊ぶ為のお金など、社会人さながらのお金が必要となると言えるでしょう。

 

女子大生(JD)はアルバイト必須

上記の事からお金が必要となり、アルバイトするのが普通といえます。しかし学業の拘束時間・サークル活動など時間が足りないのが実情で、割の良い高額アルバイトを探しています。その為、時間効率の良い援助に走る女子大生も多いと言えるでしょう。

 

このアルバイト感覚で援助をする女子大生(JD)についてもう少し詳しく掘り下げてみましょう。

女子大生(JD)はアルバイト感覚で援助を求める

 

風俗より都合が良い

現在、多くの女子大生(JD)が風俗で働いている事は周知の事実。しかし風俗に抵抗がある女子大生(JD)は援助でお金を稼いでいます。

 

短時間で稼げる援助は女子大生(JD)向き

通常のアルバイトは時間拘束が長く、まとまったお金を稼ぐ事は出来ません。しかし援助なら1日に5人に援助を受ければ10万円程度のお金が手に入ります。お金が欲しい女子大生にとってこんな魅力的な事は無いと言えるでしょう。

 

友達も援助をしているから

これは女子大生が援助を求める理由の1つ。友達もやっているからと短絡的な理由で援助を始める人が多いのが実情です。さらに非常に薄い罪悪感で援助をしている場合が多いと言えるでしょう。

援助にオススメの女子大生(JD)

 

地方出身者を狙う

自宅から大学に通える女子大生(JD)はアパート代が掛かりませんが、1人暮らしをする地方出身者はそうはいきません。親から仕送りを受けたとしてもギリギリの生活をしています。1人暮らしは衣食住の全てにお金が掛かる為、仕送りだけでは絶対に足りない状況に陥るの現状と言えるでしょう。

 

相手が1人暮らしなら好きな時に会える

上記、地方出身者の1人暮らしをする女子大生でなら当然門限はありません。その為、好きな時に援助が可能となります。

これから援助をしてみたい方へ

【JD援助】女子大生と援助するには?|援助Navi

援助を行うなら出会い系がベスト

いま安心・安全に援助を行うなら出会い系サイトがベストです。正直いって「SNS」や「無料掲示板」などはリスクやトラブルが多く安全とは言えません。その点、出会い系では「セキュリティ問題」「金額相場」「相手の探しやすさ」「交渉のしやすさ」など全ての面でSNSや無料掲示板に勝っています。

出会い系の紹介はサイトスペースの関係で「特設サイト」を設置してあります。