愛人とは?お金持ちがお金で女性を囲う昔からの慣習

愛人とは?お金持ちが生活の面倒を見て女性を囲う昔からの慣習

 

愛人とは?お金持ちがお金で女性を囲う昔からの慣習。愛人はお金持ち・会社経営者・政治家・芸能人などが奥さんとは別の女性をお金で囲っておく古くからの慣習。愛人となる女性は生活の面倒をみて貰う対価として、体を提供するのが愛人契約です。今は寂れたシステムのように思えますが、まだまだ愛人を囲っている男性も少なくありません。

愛人とは?

愛人とは?お金持ちが生活の面倒を見て女性を囲う昔からの慣習

 

愛人とは、昔から金持ちが女性を囲っておくシステムのこと。

 

昭和・平成の初期まではよく見られましたが、時代の流れと共に段々廃れていった旧時代の慣習。

 

しかし今の世も一部の金持ちや政治家などは愛人を囲っています。

 

 

愛人のシステム

愛人とは?お金持ちが生活の面倒を見て女性を囲う昔からの慣習

 

愛人のシステムは「お手当」と呼ばれる金額を決め、男性が愛人の生活を保障し面倒をみるというもの。

 

愛人である女性は生活の面倒と引き換えに身体を提供するシステムです。

NG行為

愛人のシステムで女性は他の男性との性行為はNG。

 

もし浮気?をするような事があれば、愛人契約も破棄されてしまいます。

 

その為、他の男性と恋愛や結婚をする場合は自ら申し出て契約を解消する必要がありました。

 

あくまでお手当を支払い生活の面倒をみる男性側にあったのが特徴です。

お手当の金額

愛人契約でお手当の金額は正直言ってピンキリ。現在の金額で30万の人のいれば数百万円の人もいた事でしょう。

 

 

愛人になる女性

愛人とは?お金持ちが生活の面倒を見て女性を囲う昔からの慣習

 

一般的に愛人になる人はクラブなどで働く水商売の女性が多く、舞妓や芸妓さんなどもその対象。

 

以前、総理大臣である「宇野」が芸者を愛人にしようとしてスキャンダルとなりました。

 

その時の提示されたお手当が30万円だったと言われています。随分ケチな総理大臣ですねw

 

 

愛人とパパ活

愛人とは?お金持ちが生活の面倒を見て女性を囲う昔からの慣習

 

愛人は一部を除き段々忘れられた慣習ではあるますが、その内容を現代に引き継いでいるのがパパ活です。

 

パパ活もお手当を支払う事で女性を囲っておくシステムですが、愛人ほど厳しい条件はないのが一般的。

 

相手の男性パパにもよりますが、性行為がない場合もあるのが特徴です。